- 5F6E4AB5475C47D02959D38C36080A5D

いそべ耕業ブログ

自家製もち麦と五穀米 手作り味噌をお届けします。

【Link】レシピ記事一覧はこちら

【Link】いそべ耕業の商品購入はこちら

五穀米でつくるホームベーカリー#02 もち麦食ぱん(ダイシモチ)

f:id:isobe-kougyou:20200805011303j:plain

やっぱりパンが食べたいという方向けに

ホームベーカリーでつくる五穀米入りぱんを紹介します。

#02 もち麦食ぱん

ホームベーカリーを使ったことがある方は分かると思いますが、意外と簡単においしいパンがお家でつくれます。

今回はもち麦を粉にして”もち麦食ぱん”をつくりました。 

 1.食ぱんの基本レシピに加えるだけ

お持ちのホームベーカリーの基本レシピにもち麦を追加します。
今回は強力粉を50g減らしてもち麦を50g入れました。
※機種ごとに分量が違いますので以下参考です。

  • 材料
    ①強力粉 ・・200g ※通常250g
    もち麦粉 ・・50g
    ③バター ・・10g
    ④砂糖 ・・大さじ2(17g)
    スキムミルク ・・大さじ1(6g)
    ⑥塩 ・・小さじ1(5g)
    ⑦水 ・・180mL
    ドライイースト ・・小1(2.8g) 
  • 手順
    ①強力粉を通常より50g減らし
     もち麦粉50gを加える。
    ②材料をパンケースに入れる
    ③スイッチを押して焼けるのを待つ

2.もち麦を製粉機で粉にする

もち麦の粒を製粉機で粉にしています。
製粉方法については後ほど記事で詳しく紹介します。

f:id:isobe-kougyou:20200805015022j:plain

f:id:isobe-kougyou:20200805015052j:plain

3.パンケースに入れてスイッチON

パンケースに材料をすべて入れてスタートボタンを押したら準備完了。
あとはホームベーカリーが自動でパンを捏ねて焼いてくれます。
ドライイーストを自動投入口に入れるのを忘れずに。

f:id:isobe-kougyou:20200805015151j:plain

4.約4時間で焼き上がり

通常のぱん作りと同じで、スイッチを押したら完成を待つだけなのでらくらくです。発酵が終わったあと焼き工程が始まると部屋中に焼き立てパンのいい匂いがしてきて完成は間近です。

 上部が割れていて中が心配でした。

f:id:isobe-kougyou:20200805004726j:plain

取り出した感じは何だかごつい。
すぐにカットしたいところですが、
熱が冷えるのを待ちます。

f:id:isobe-kougyou:20200805005500j:plain

参考に、これが以前紹介のもちきび入りパン

f:id:isobe-kougyou:20200731022128j:plain

カットしたところ、上部に穴がありましたがよく焼けています。

f:id:isobe-kougyou:20200805005812j:plain

f:id:isobe-kougyou:20200805010100j:plain

5.終わりに

いつものぱんに"もち麦"を取り入れることで見た目の色がもち麦色になっただけでなく、もちっとした触感が加わりおいしさもあっぷしました。もち麦生活の中で、ぱんが恋しくなった際はおすすめの逸品です。

 

いそべ耕業の商品は通販サイトポケットマルシェから購入できます。

 農家漁師直送のポケットマルシェ

 

雑穀を使ったレシピを日々追加していますので、記事一覧からお好みの雑穀レシピを試してみてください。

記事一覧 - いそべ耕業ブログ

 

《今回使用したいそべ耕業のもちむぎ(ダイシチモチ)》

f:id:isobe-kougyou:20200906175412j:plain


《商品紹介リンク》

 いそべ耕業の商品を紹介します。

isobe-kougyou.com